帽子と薄毛の関連│意外と知らない雑菌繁殖の実態

今回は、帽子やヘルメットと薄毛の関連について、解説していきたいと思います。

昔からよく言われる「帽子=薄毛の原因」

これは、昔からよく言われてきたことだと思います。

帽子やヘルメットをかぶっていると、
汗で頭皮が蒸れて、薄毛になるらしいよ。

なんて、雑な噂を聞いたことはあると思います。

あながち間違いでは無いのですが、
この帽子とハゲの因果関係を紐解いていきましょう。

帽子でハゲる原因は蒸れたあとの○○

帽子でハゲると言われているのには、
きちんとした理由がある訳ですが、
そこがいまいち、認識されていません。

また、大前提として、
帽子が薄毛に直結する訳ではありません。

”薄毛因子になり得るということです。”

帽子をかぶり続けた結果

さて、話を戻しまして、

帽子をかぶり続け、
汗で蒸れた結果、
どうなるでしょう。

正解!
帽子内で雑菌が繁殖する。ということですね。

雑菌が繁殖した結果、
頭皮が不衛生な状態になり、
毛根に悪影響を与えると言われています。

帽子をかぶっていると必ずハゲる訳ではありませんが、
特に夏場などは、汗をかきやすく、
帽子・ヘルメット内が蒸れ、
雑菌の繁殖しやすい環境がスグ出来てしまいます。

既に育毛を始めている方、
今は大丈夫だけど、将来、薄毛にならないか心配な方、
日頃の食生活や日々の小さなケアが大事です。

下記の対策をお読みになって、
頭皮環境を健やかに保つケアを始めてみてください。

締め付けがキツイ場合も注意

締め付けのキツイ帽子やサイズの合わないヘルメットの場合、
頭皮の結構を悪くする可能性があります。

また、締め付けのキツイものを被っていると、
頭痛になることもありますので、別の意味でも注意が必要です。

ぜひ、サイズのあったものや適度な締め付けのものを着用してください。

帽子・ヘルメットが必須なんですが…

帽子やヘルメットを日常的に被る必要のある方の対策があります。

予防策

帽子を変更出来る場合には、通気性の良いものにする。

工事用・作業用ヘルメットの場合、
高通気性ヘルメット
ベンチレーションヘルメット
と言った名称で、通気性の高いヘルメットが販売されています。

これらを使用するのも良いでしょう。

対策

対策としては、
汗をかいて、蒸れてしまった時に、
こまめに、頭皮の汗を拭き取る用にすること。

その際、ゴシゴシこするようにタオルで拭くのではなく、
汗を吸わせるように、タオルを優しく押し当てること。

だけど帽子にもメリットがある!

薄毛にとっては、良くないイメージの帽子ですが、
帽子にもメリットはあります。

それは、
”紫外線対策になる”
ということ。

頭皮も肌と同じように日焼けします。

直射日光による頭皮の日焼けから、炎症に進んでしまっては、元も子もありませんので、真夏など、紫外線のキツイ日には、積極的に帽子を活用したいものです。

ただし、先ほど、「対策」の項目でも書いた通り、
アフターケアはお忘れなく!