ミノキシジルタブレットの効果・副作用・成分・口コミについて

ミノキシジルタブレットは、育毛を考えている人なら一度は耳にしたことがあるでしょう。塗るタイプの育毛剤が商品化されているミノキシジルですが、服用する事でより効果的と言われています。

そのため、どのようなケアをしても育毛効果が得られなかった人にとって、気になる物でもあるはずです。育毛効果を重視しているのであれば、ミノキシジルタブレットの成分についてや飲み方などを詳しく知っておくと良いでしょう。

ミノキシジルタブレットとは

ミノキシジルタブレットは、体の中にその成分を取り入れるだけで育毛効果を得る事が可能といわれている薬です。成分としては「ロニテン」と言う薬と同じもので、作用も同等。ロニテンのジェネリック医療品と言えます。

もともとは高血圧患者が使用する薬

ミノキシジルタブレットは育毛の薬として開発されたものではなく、高血圧の患者が服用する薬です。

ところが、服用を続ける高血圧の患者の多くに副作用として全身への多毛がみられたため、育毛効果が期待されるようになりました。しかし、本来の作用である血圧を下げる効果が健康な身体への妨げになるとして、育毛目的では内服ではなく外用薬として開発されることになったという経緯があります。ミノキシジルという成分は、毛髪を増やしたい部分に塗るだけでも効果があるのです。

 内服薬で使用する事のメリット

ミノキシジルという成分が塗るだけで育毛効果があるとはいえ、外用と内服では大きく差が出ると想像ができるでしょう。実際、皮膚から成分が吸収されるとしても、100%ではありません。皮膚には外部の有害な物質から身を守るために保護する力があり、塗布したとしても体内への十分な吸収がされない可能性が高いのです。また、塗るタイプのミノキシジルでは、使い方によってムラが出てしまう事もあり、面倒に感じる人も多いでしょう。

そのため、ミノキシジルを外用薬として使用するよりも血液中に取り込み全身にくまなく運ぶことができるミノキシジルタブレットを服用する方が、効果は高いと言えるでしょう。

ただし、ミノキシジルタブレットを育毛のための薬として認可している国はないと言われており、あくまでも降圧剤と言う扱いになっています。

ミノキシジルタブレットの成分

ミノキシジルタブレットの主成分は、ミノキシジルであり、その成分を使用して外用薬の育毛剤としての流通がされています。日本でも、外用薬としての使用ならば厚生労働省の認可が得られている成分で、商品化もされています。

ミノキシジルタブレットの効果

ミノキシジルタブレットの服用によって体の中で起こる作用が、育毛にどう繋がっているのか。それには、ミノキシジルという成分で起こる体内の血管の変化が関係しています。どのような事が作用して育毛効果が得られるのでしょうか。

ミノキシジルの効果と薄毛

ミノキシジルという成分には血管を拡張させる働きがあるため、血流を促進します。

薄毛に悩む人の多くは、頭皮の血管が委縮していると言われています。心臓から遠く、特に頭頂部はごく細い毛細血管が集まっている頭皮に、血液が正常に行き渡っていない可能性があるのです。それが原因となり、抜け毛に悩んでいる人の毛髪は弱々しくて短く、髪がしっかりと成長する前に抜けてしまっていると考えられます。

毛髪の生成を促進するには血流アップが重要なのです。

血管拡張の作用で起こる事

血液は体に取り入れられた様々な栄養素を含み、体中を巡ります。そして、毛根の内部にある毛乳頭がその血液中の栄養素を吸収します。血流が良ければより多くの栄養を摂り込む事ができるでしょう。その結果、毛母細胞の分裂を活発にし、健康的な毛髪が生成されます。

食事で得られたビタミン、たんぱく質、ミネラルが、毛髪を生成し育てるためには必要です。その栄養素を効率よく頭皮にある毛母細胞へと運ぶ事ができるのがミノキシジルタブレットの服用という訳です。その成分を摂取する事で頭皮に栄養が届けられれば、短かった毛髪はしっかりとした髪になり、早い段階で抜けることなくとどまるため薄毛の改善になると考えられます。

ミノキシジルタブレットの成分で血管拡張がされると、頭皮の毛細血管まで血流がアップし、毛髪の生成が促進されるのです。

ミノキシジルタブレットの副作用

育毛効果が高いと言われるミノキシジルタブレットには、デメリットもあります。その副作用は、血圧を下げる働きによって起こるものが多いでしょう。

ただし、育毛目的での服用は高血圧に使用する摂取量よりも少ないため、用量や用法を守っていれば比較的副作用は起こりにくいとも言われています。また、人それぞれの体質によって差があるため、副作用が起こるかどうかは使用してみなければわからないとも考えられます。

育毛目的の内服薬としては認められていないと言う点から見ても、リスクはあると言うことでしょう。

低血圧による副作用の症状

ミノキシジルタブレットの副作用として報告されているものには、動悸やめまい、胸の痛みや眠気、倦怠感などが挙げられます。また、頭痛に悩まされる場合もあると言われています。これらは血圧が下がる事で起こりうるもので、ミノキシジルの性質を考えれば当然とも言えるでしょう。

育毛の促進による副作用

ミノキシジルタブレットの服用によって体の毛が濃くなります。これは、頭髪だけでなく体中に起こる可能性があります。経口摂取をすれば、血液中に含まれたミノキシジルが体の隅々まで行き渡るため、体のどの部分の毛根にも作用してしまうのです。場合によっては、全身が毛深くなる場合もあると言われています。

ミノキシジルタブレットの飲み方

ミノキシジルタブレットには、2.5mg 、5mg、10mgがあります。多くの成分を摂取すれば高い効果が得られると考えられますから、10mgを飲むのが一番と思うかもしれません。しかし、育毛剤の薬として開発されたわけではない以上、体への悪影響を考慮した方が良いでしょう。成分の含有量が多ければ多いほど、副作用の危険性は高まります。

ミノキシジルの摂取によって体にどのような変化が起こるかが分からない段階から、多量に摂取するような飲み方をするのは危険と言っても良いでしょう。また、薬は耐性ができる可能性があると言われていますから、最初から多く摂取してしまえば、摂取量を減らせば効果を感じられなくなる事もありえるでしょう。

飲み方に決まりはあるのか

通常、ミノキシジルタブレットは育毛目的で服用する薬ではないため、そのための飲み方のマニュアルはありませんが、5mgを朝と夜の2回服用するのが一般的と言われています。ただし、必ずしも1日2回飲む必要はなく、5mgを1度の摂取にしたり、2.5mgにして朝と夜服用するなどして様子を見ても良いでしょう。体調や状態に合わせて調節し、もしも服用後に体の異常を感じた場合には量を減らし、場合によっては中止すべきでしょう。

育毛サプリとの併用

ミノキシジルタブレットの効果は新しい毛の発毛を促す事ですから、脱毛を抑える効果のある物と組み合わせると言った飲み方で、より効果が高まると言われています。育毛サプリにも様々な成分が配合されていますが、ノコギリヤシや亜鉛を含んだサプリメントとの併用で、より薄毛を抑える効果が期待できるでしょう。

服用の注意点

ミノキシジルタブレットを飲むタイミングは、アルコールの摂取時を避けるべきでしょう。アルコールの摂取で血管が拡張し、血圧が下がるためです。

また、多くの量を飲めば効果が高いと考える人もいらっしゃるかもしれませんが、ミノキシジルタブレットは2.5mgでも十分に効果があると言われています。むやみに量を増やすような飲み方は、体へ悪影響を及ぼす可能性があるため、量よりも継続する事が重要と考えましょう。

服用を避ける必要がある人

ミノキシジルタブレットの服用は、降圧剤のような血圧を下げる薬を服用している人にとっては更に血圧を下げる事になるため危険です。使用を避ける必要があるでしょう。

同じく、低血圧の人にとっても更に血圧を下げる事になるため危険が伴うと言えます。また、心臓や肝臓に疾患がある場合には、使用に細心の注意が必要です。

ミノキシジルタブレットは、健康な成人男性のみ服用可能と考えておくと良いでしょう。副作用についても知っておき、飲み方を考えましょう。

体験した人の口コミはどんなもの?

ミノキシジルタブレットを使用した人の中には、3週間程度の服用で産毛が生え始めたと言う人も見受けられます。続けて使用すれば、薄毛程度の人であれば目立たなくなるという意見もありますから、育毛効果は期待できるでしょう。

その他の育毛ケアでは効果が得られにくいと言われている額の育毛も期待でき、それまで回復する事がなかった額の生え際にも効果があった言う口コミがみられます。逆に、産毛程度の発毛は見られてもそれ以上にはならなかったと言う口コミもあるため、人それぞれに効果の差はあるでしょう。また、初期脱毛が激しく戸惑ったという意見も見られます。

ミノキシジルタブレットの服用を続けている間は効果がみられますが、服用を止めたら元の状態に戻ったと言う人も多くいらっしゃいます。

さらに、数カ月の服用で動悸が気になり出したため、使用をストップしたと言う人もいれば、ほとんど体調の変化もなく続けられていると言う口コミもあるため、副作用についても様々と言えるでしょう。

ミノキシジルタブレットは、高い育毛効果が期待できると言えます。さらに、使い方も服用するだけと手軽なものでもあります。

ただし、副作用が無いとは言えないため、注意が必要でしょう。育毛剤としての研究が行われていない事を考えれば、どのような効果、副作用があるかは正確な情報がえられないとも言えます。使用を考えるのであれば、メリットだけでなくデメリットも把握しておく事、また医師の診察をしっかり受ける事が必要です。